坂本園長

みなさん、こんにちは。園長の坂本です。ぶれすと元宮ほいくえんを実際に見にいらしてください。個別説明、見学案内を随時行っております。なお、ご予約が必要となっておりますので必ずご連絡ください。

メディア情報

ぶれすと元宮ほいくえんについて

保育理念

保育理念

どんどん進むグローバル社会。世界はどんどん近くなってきています。そんな世界に将来飛び出していくこどもたちに、「ちがいを誇ることができる心」を育むことを保育方針としています。

年齢、性別、人種、文化、職業、障害など、人には様々なちがいがあります。幼い頃からその違いの中に身を置くことで、グローバルな心を育てる保育を実践していきます。

日本語以外の言語に触れる機会を設けたり、地域との連携をはかったり、外国の人をはじめ様々な人とコミュニケーションを取ることで、「ちがいを認めてまなびあう」世界へ飛び出すこどもたちをぶれすと元宮ほいくえんから育てていきたいと思っています。


まなびがあそび、あそびがまなび

子供たちの心豊かな成長を「あそび」の中で育成します。 「違いを認めて学び合う」「思いやりの心を持つ」を基本にグローバル社会に順応できるよう、職員一人ひとりの語り掛けやコミュニケーション、そして様々な「遊び(体験)」から言葉、感受性、表現力を身に付け、創造力や自立心を育て、子供たちが将来、自分の言葉で自分の気持ちを表現できる基礎をつくります。


おもいやりの心をもつ

1人ひとりを大切にした保育を実践します。また、お子様に関わる全ての大人が、お子様のことを思い、愛することで、子供自身が自分の大切さを感じ、他者を思いやる心を育みます。1人ひとりの成長を、それぞれの歩みを見守り、共に笑い、感動し、共に成長し、「育ち合い」の環境を大切にしていきます。


おもいやりの心をもつ

①あいさつがしっかりできる子
あいさつがしっかりできる人は世界中で愛されます。大きな声であいさつすると、とっても心はワクワク!素敵な1日になります。

②自分の考えがしっかりもてる子
たくさんの語りかけや経験から、自分の考えや思いをしっかり持ち、素直で元気、自分の思いを伝えられるこどもたちを育てます。

③自信を持って夢をもつ子
将来、自分の道を選んでいくとき、自分自身で考え、夢を抱き、語り、前へ進んでいく力をもつこどもたちを育てていきます。他の文化や言葉、人とのコミュニケーションetc・・・たくさんの体験を通して、大きな夢へ向かっていくことができますように。

ぶれすと元宮ほいくえん設立の思い

ぶれすと元宮ほいくえんは2013年4月1日に開園したばかりの新しい保育園です。 ここ鶴見市場で保育園を開園できることが決まってから、地域の方々に必要とされる、ワクワク、笑顔にあふれる保育園を創ることを夢見てきました。鶴見区は、新しい住宅街と古き良きものつくりの文化がしっかりと残る地域です。また、外国籍の方も多く、横浜の中でも様々な人の集まるエリアです。子どもたちにとって、なんて素敵な環境なんだろう!

様々な人種、文化、人、言葉、形、すべてのものが違っていることが当たり前。大人になってからも、違いを認めて励ましあい、学び合える。国際社会で活躍する子供たちを育てていきたいと思っています。鶴見区の方々に必要とされる素敵な保育園を職員一同創っていきたいと思っております。まだまだ新しい保育園ですが、最高の体験ができるような場所を創っていきますので、これからよろしくお願いいたします。

株式会社ブレストインターナショナル
代表取締役社長 渡部琢磨

このページの上へ